IT

Web制作会社1ヶ月目

じょん(@fffff3434new)です。

今まではアプリケーションの運用がメインで、プログラミング(開発)実務未経験だった僕がWeb制作会社に転職してから、1ヶ月が過ぎました。

正直、一時は泣くどころか吐きそうになるくらい自分のキャパをオーバーする日々が続いていますが、第一の壁だけは超えた気がします(笑)

今回の記事では、WEB業界に転職して1ヶ月になる僕の心境面のお話をしたいと思います。この1ヶ月は、自分の人生の中でも本当に濃密な期間でした。

【Web系企業あるある?】入社初日の静けさ

転職初日、なかなかの緊張感を抱えながら出社したのですが、僕が初めて勤務場所に足を踏み入れても特に誰も反応せず、社員の皆さんは黙々と作業していました(笑)

今日からここで働かせていただきます○○と言います。よろしくお願いします!

……みたいな言葉を言う機会も得られず、自分の席に案内されて「チュートリアルやら社内規則のデータがPC内に入ってるから見ておいてねー」と言われ、特に挨拶できずに着席。

せめて最初は明るく元気な印象を与えるために空気を読まずに皆に挨拶するべきだったかもしれないですが、そんな勇気は持てずに案内されるがままに静かに座りました(笑)

ある意味、こういう光景はITやWEB業界あるあるなのでしょうか。文系出身で人と関わることが多かったので「え?入社1日目なのに」と思うことは多かったです。

コーディングするための環境設定に苦しむ自分

「見ておいてねー」と言われたチュートリアルを参考にしつつ、環境設定を進めました。

その後……

「gulp使おうかー」

gulpって何だ。そんなレベルから始まった僕。

ただ、分からないことが毎日少しずつ分かっていくのは楽しいです。分かるまでが苦難の道のりですが……だからこそ乗り越えた時の達成感がありますね。

今後も日々精進・・・