プログラミング

東京上京2年目(25歳)が転職したい理由/プログラミングスクールという選択肢

じょん(@fffff3434)です。


東京に上京して2年が経ち、現在25歳の僕は「人生の次なる進路」に悩んでいます。今回は僕の仕事(キャリア)についての話になります。

現状の自分に不満がある

東京上京2年目大卒25歳男性の現在

  • 年収は約400万円
  • Web系のベンチャー企業
  • 時間や休日の融通は効きやすい
  • 人間関係などのストレスは少ない
  • 勤務地は新宿で家から徒歩圏内にある
じょん
じょん
正直、会社(企業)への不満はないなぁ

 

東京に住んでいるものの、満員電車とは無縁で無駄なストレスが少なく、物欲も無い方なので年収自体にも1人で生きていく分には十分なくらい貰えていると思っています。

しかし、僕が東京に上京したのは「将来的にも活きるようなスキルを身に着けて、会社でもフリーランスでも働けるようになる選択肢を広げたい」といった理由でした。

北海道の田舎で穏やかに生きていた男が『24歳』にして東京への上京と転職を決意した理由じょん(@fffff3434)です。 今記事では、北海道のオホーツク地方の田舎でぬくぬく過ごしていた僕がどうして東京への上京と転職...

自分の目指す生き方(働き方)を実現するために

今の仕事にやりがいはありますが「将来的に独立しても食べていけるようなスキルを身に着けられるか」という視点で見るとそうでもなく、勤め始めてから1年間同じ業務を行っているため、大きな成長はもう得られそうにありません。

好奇心旺盛な性格の自分を見つめ直せば直すほど「もっと自分のできることを増やしたい」「1日1日進歩したい」という根源的な欲求に目を背けずにはいられなくなります。

じょん
じょん
会社(企業)というより今の自分に不満があるのだ

 

今までの人生で、その成長を感じた時、自分の中で何かを達成できた時には喜びを感じてきました。競争相手は常に過去(昨日まで)の自分です。少しでも前に進みたいのです。

そこで、今の仕事を続けても、何か物足りないようなゆるやかな幸せが続くだけで、自分の根の部分にある欲求や信念に目を背けたり、嘘をつき続けることは心の中でどんどん大きな毒になっていく気がして、不安や焦りを感じています。

特に最近では、今の生活への不安や焦り、物足りなさを感じることが増えてきたため、仕事の合間や仕事終わりの時間に「プログラミング」を勉強しています。

今こうしてブログに記事を書いているのも、YouTubeなどの動画編集にも手を出そうとしているのも、自分で何か生産物を作って、昨日より前に進んだ自分を実感したいからかもしれません。いやきっとそうなのでしょうね。

やっぱり『お金』を稼ぎたい

……とここまで綺麗事のようなことを並べてきましたが、今の自分に物足りない理由を一言で言うならば「もっとお金を稼ぎたい」という気持ちが大きいです。

お金より大事なものはあるだろうし、人生においてお金が全てじゃないと言いますが、お金があれば、自分や自分に関わる他人の人生の選択肢を広げることができます。

例として、自分の生活が豊かになるのもそうですが、結婚した場合にパートナーの(仕事)負担を軽減させたり、お金と時間を投資して自分を育ててくれた父母を旅行に行かせたり、自分の子どもを大学に行かせたり、夢を応援する支援ができたり……

正直、今は自分の人生に精一杯で将来の家庭生活はまだ考えられませんが、年齢を重ねればその価値観が変わることもあるかもしれないし、もし結婚しなくても、子どもがいなかったとしても、自分の中にある多くの選択肢から今の人生を肯定的に選んでいるという実感を得るために、もっとお金を稼いでいきたいと思っています。

そして、僕は自分を育ててきた家庭(父母など)やこれから築いていくかもしれない家庭、もしくは今後発展していく世の中に貢献できるような人間になりたいですね。

そして、その近道こそが「IT業界に携わる」ことだと思っています。

例えば、将来的に人間の仕事の多くがAIに取って替わられると言われてますが、そのAIを作る側になれば良いのです。その初歩として僕は「プログラミング」を学び始めました。

次なる転職先(キャリア)の選択肢

最低限求める条件として……

  • 生活できる程度の給与がある
  • 開発の実務経験を積みたい
  • 家から20分以内の勤務地が良い(新宿や渋谷など)

現在勤めている会社もIT業界ですが、業務内容的にキャリアアップではなくキャリアチェンジにあたるため、転職1年目の年収UPは求めすぎずに、開発の実務経験を積めるという点を重視していきたいと思っています。

Web系(自社開発できる)企業に転職する

最初から自社開発に携われるWeb系企業に転職できれば最高です。そういった企業は東京に集中しており、特に新宿や渋谷近辺に集中している傾向にあります。

また、Web系企業ではモダンな技術やサービスを扱っていることが多いため、今後のIT社会で役立つような知識も得られる成長も大きいからです。

しかし、即戦力を求められることが多いため、実際にプログラミング言語を使った開発の実務が未経験の人にとっては、自社開発企業への転職難易度は高いです。

プログラミングスクール→他企業に転職する

最近、流行している「就職保証付きのプログラミングスクール」に通って、数ヶ月学んだ後、そのプログラミングスクール会社の紹介先企業に転職という選択肢もあります。

僕もその方法で「IT業界」に飛び込みました。しかし、通っていたプログラミングスクール会社の紹介先企業のほぼ全てがSIerとして客先常駐する雇用形態を取っていました。

【客先常駐】開発実務経験が無い初級ITエンジニア(SIer)の憂鬱※本記事は僕がSierとして働いていた頃の記事です。 じょん(@fffff3434)です。 最近、記事更新をサボっていました...

そこで、WordやExcelなどを使ったドキュメント作成、不必要なほどの業務証跡のコピペ繰り返し、SQLでのデータ入力など、開発スキルが身につかない仕事に低年収で1年以上携わり続けないといけないことに危機感を感じて、現在の仕事に転職した今に至ります。

ただし、通うプログラミングスクール会社と就職する企業選びを間違えなければ、プログラミングスクールで得られるスキルは非常に有益です。IT業界に飛び込む初歩としては本選択肢を選ぶことはオススメです。僕は間違えました(笑)

上記の「GEEK JOBギークジョブ)」ように、無料のプログラミングスクールも多いため、無職やフリーターの方で気軽に挑戦できることも魅力かもしれません。IT知識やパソコンスキルが皆無なところからでもスタートできるようなサポートは充実しています。

独学(or 通信講座)で成果物を作って転職活動する

最後は、自分の生活のために現状の仕事を続けながら、仕事終わりや休日に自身でプログラミングを学んで成果物を作りつつ、転職活動も同時並行で進めていくという方法です。

2019年3月現在、僕はオンラインプログラミング学習スクール「ウェブカツ!!」というサービスを利用しています。詳しくはこちらの記事からどうぞ。

【ウェブカツ】プログラミングを本気で習得して年収UPしたい君にオンライン学習スクール『ウェブカツ』を薦めたい。じょん(@fffff3434)です。 今記事では、Twitterなどで結構話題になっているオンラインプログラミング学習スクール『ウ...

僕自身も今は自由度が効く現企業で働きながら、余ったエネルギーと時間を活用して、プログラミング学習と成果物(ポートフォリオ)作成に取り組んでいくことにしました。

それと同時に開発経験が積める会社に就けるように転職活動も行っていきます。また、その学習進度や転職活動の記録を本ブログやツイッター(@fffff3434)を通じて発信を続けていきたいと思っています。

じょん
じょん
今後のストーリに乞うご期待?

 

日々邁進……!