仕事

【好きなことで生きていく】そう簡単に趣味を仕事にしてはいけないと学んだ話

じょん(@fffff3434)です。

今回の「好きなこと仕事の分別」について考えます。好きなこと(趣味)を仕事にすることは多くの人が憧れるテーマかもしれませんが、履き違えると大変なことになるかも?

僕が大好きなこと(趣味)は野球⚾

僕は、野球が本当に大好きです。

人生初『ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム』レポート。野球を満喫してきた話。野球大好きなじょん(@fffff3434)です。 今回は人生で初めて、千葉にある『ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム(ファイターズの二軍...

小学生の頃から毎日のように、シーズン中は野球中継をTVで見たりラジオで聞くのが日常でした。自分の野球人生(野球少年団/野球部時代)の思い出も深いです。

高校から大学時代は、友人から、友人の友人、そのまた友人まで声をかけて、チームを結成したり、球場をレンタルして試合を開催したことが何度もあります。

野球が関わると「一人大好き、大人数苦手」な内向的人間の僕も人が変わります。むしろパリピになります。球技大会でも燃えてしまうタイプでした。

ただ、好きすぎるがゆえに反動もあります。野球に関われる時間が短くなればなるほど、僕の性格は暗くなります。

スーパー陰キャモードに入ります。

部活を引退した後、学校生活に楽しみを見いだせず「野球をしていた時の情熱はどこへいったのか」と顧問の先生に言われたことがあります。

プロ野球を見る時間をとれなかった大学受験を控える高3の夏休み以降、野球仲間に「野球をしていた時と別人レベルで顔が死んでるぞ」と言われたことも……

でも今は、野球が好きな仲間と関われる「Twitter」と、試合をもれなく見れる動画配信サービスがいくつかあるので、毎日、野球に触れられて幸せですね。

もちろん、もっと自分の自由な時間がとれれば、ファイターズだけでなく、日本の他球団、メジャーリーグの試合もたくさん見たいんですが……

それくらい野球好きの僕は、かつて『野球』に携わる仕事(バイト)をしたことがありました。関西で過ごした「大学時代の話」になります。

プロ野球好きの僕が球場でバイトをしてみた

大学時代、2ヶ月間だけ「球場スタッフのバイト」をしていたことがあります。仕事内容は、ファール時に笛を鳴らしたり、実際にグラウンドに入ったり……

当時、僕は京都に住んでおり、バイト先の「京セラドーム」や「甲子園球場」に1時間強かけて向かっていました。交通費は全額出ず、時給は高くなかったです。

それでも、プロ野球の試合という僕にとって大好きなモノに関われる仕事をしてみたかったんです。働きながらも実際に試合を見れたり、選手の近いところで働けました。

ですが、そのバイトは長く続きませんでした。

週に何度も、一時間以上かけて球場に行って働くのがキツくなったのも理由として大きいですが、勤務中に僕はふと思ってしまったんです。

試合、早く終わらないかな……

じょん
じょん
野球は大好きなのに、そう感じてしまうとは……

甲子園での阪神戦で、対戦チームの埼玉西武ライオンズに当時新加入した「エルネスト・メヒア」がめちゃめちゃ打ちまくってるのを見て、どうにか三振して早く試合を終わらせてほしいと心から願っていました(笑)

 

球場スタッフの仕事はお客さんが楽しんでいる姿を見れたり、心地よく楽しめるようにサポートできる仕事なので、接客が好きな人にとってはやりがいは大いにあると思います。

ですが、僕の場合、このまま続けてしまったら「野球を嫌いになってしまうのではないか?」と思い、バイトを辞めることを決断しました。

「好きを仕事にする」の真意

なぜ、僕は野球が好きだったのに野球に携われる仕事が好きになれませんでした。それは自分の中の「好き」を履き違えてたことに理由があったからです。

自分が好きなことに対して、どのような「プロセス」が特に好きなのか、楽しんでいるのか、ということに目を向けることは大事ですよね。

自分が野球を好きなのは、したり見たりする中で、選手の活躍やチームの各成績が「データ化」されて様々な視点で分析できることが大きな理由でした。

僕が「内向的クエスト」というブログを始めたのも「あまり知られていない選手の魅力を様々な観点から考察して世間に伝えられたらいいなぁ」と思ったことが理由です。


僕、実は中学生の頃までは『スポーツジャーナリスト』になりたい夢があったんです。文章などを通じて発信していきたかったという思いがあの頃からあったのかもしれません。

でも現代では『ブログ』『SNS(Twitterなど)』を使えば、選手の魅力を伝える文章や記事を気軽に発信できてしまう世の中です。

【運営報告】雑記ブログ開設後、初の『月1万PV』を達成した話。※2018年3月時点での記事になります じょん(@fffff3434)です。 今回は、この「内向的クエスト」を開設後、初の運...

そう考えたら僕は、今まさに夢を叶えようとしている過程にいるのかもしれない!と勝手に思いつつ、今後もブログで楽しく記事を書き続けていきたいですね。