IT

【客先常駐】開発実務経験が無い初級ITエンジニア(SIer)の憂鬱

※本記事は僕がSierとして働いていた頃の記事です。

じょん(@fffff3434)です。

最近、記事更新をサボっていました。

じょん
じょん
記事を書いていなかった理由がありまして……

 

今回は、記事更新をサボっていた理由について簡単に話したいと思います。主に「ITエンジニア(Sier)」としての仕事のことで悩みがありました。

【Sier】次の客先常駐先が分からない決まらない

僕は2018年3月現在、客先で常駐して働いております。つまり「Sier」と言われる職種です。現在の会社に入社してから間もなく、客先常駐予定先との面接が行われました。

もし面接が通れば、客先常駐の仕事が始まっていきます。僕の場合、本社に帰るのは多くて月1回でしょうか。正直、帰属意識は少なく、他社員との繋がりは軽薄です。

僕が描いた「ITエンジニア」とは勝手が違ったのです。客先の企業で派遣社員のように働くことが求められるものの、負う責任は正社員と同様といった形でした。

じょん
じょん
自分はどこの社員なんや

 

正社員だけれども、派遣のような働き方なのです。

そのため、客先常駐(派遣)先によって、勤務場所はもちろん、業務内容、時間、人間関係、働きやすさまで大きく変わってしまいます

そして僕自身、今の常駐先とは3月末までの契約なのですが、4月以降の常駐先がまだ決まっていないのです。仕事終わりの19時頃に面接を受けに行くものの、中々上手く行かず‥

じょん
じょん
Sierという働き方に非常にモヤモヤしている

 

心情的には、最近増えてきた内定が決まっていない就活生に溶け込める気分ですね。

【Sier】今の客先常駐先が良すぎる

ググったりTwitterでつぶやき検索をしたら、ブラックな情報ばかり出てくるSIerとして働く僕ですが、勤務内容はともかくとして、今の客先常駐先は大変働きやすいのです。

まず、家から電車で一駅の距離に会社(客先常駐先)があります。徒歩だと20分なので、ぶっちゃけ歩けます。運動にも気分転換にもなると思って、歩いて通勤してました。

長らく満員電車のキツさを味わっていません。残業も少ないため、自分のための時間も確保できるので、通勤時間が短いメリットは非常に大きいです。

また、人間関係が非常に恵まれています。

とても誠実な上司、先輩と仕事をできる幸せがあります。残業時間もそんなに多くは無く、もちろん土日祝日が休みなので、本当にホワイトな常駐先なのです。

じょん
じょん
まるで公務員のようだ……

 

今がそんな勤務環境だからこそ、4月からの客先常駐先がどのような環境なのか、なおさらモヤッと不安を抱いている次第です。

ITエンジニアとしての開発実務経験を積みたい

僕が北海道から東京にわざわざ上京したのは「プログラマー」としてシステムの開発の経験を積んでいくことが目的でした。

北海道の田舎で穏やかに生きていた男が『24歳』にして東京への上京と転職を決意した理由じょん(@fffff3434)です。 今記事では、北海道のオホーツク地方の田舎でぬくぬく過ごしていた僕がどうして東京への上京と転職...

しかし、現状はWordExcelなどドキュメントを作成する仕事が主で、使っても基本的なSQL(データ操作)UNIXコマンド、あとは企業独自のシステムの運用でしょうか。

勤務環境は良いけども、証跡をペタペタするだけの誰でもできる仕事の繰り返し。こんな業務を続けることで将来に活きることなんてあるのだろうか?と悩みながら働いてました。

そのため、4月以降は「Java」などプログラミング言語を使って開発に携える仕事に取り組みたいのですが、果たして希望通り行くかどうか。

じょん
じょん
プログラミングをしたいんや

 

最近になって、4月からの常駐先候補との面接が始まったのですが、開発未経験の僕には厳しい風当たりです。そのため、プログラミングの学習時間を増やしました。

自分が就ける職への選択肢を増やすためです。

そして、僕は、エンジニア(経験・技術)趣味(ブログ・野球)健康(筋トレ・美容)への3点コミットを心がけて、人生を謳歌したいと思っています。

じょん
じょん
今も将来も楽しく生きたいんや

 

ここ2ヶ月間は、ブログに費やす時間が多かった分、食生活が乱れてしまったり、プログラミングの学習時間が減っていたのは、事実でした。

今後は、そういう部分にも時間や気を投資することで、人間として何段階も成長したいと思っています。そのため、ブログの更新頻度は「週1~3記事」に減ると思いますが、今後とも読んでいただけたら嬉しいです。