北海道日本ハムファイターズ

【2019年】北海道日本ハムファイターズ選手をガチでパワプロ能力査定してみた – 野手編 –

じょん(@fffff3434)です。

今回は、栗山政権8年目を迎える2019年シーズンの北海道日本ハムファイターズ選手を野球ファン歴15年を超える僕が勝手にパワプロ能力査定してみました。

あくまで試合映像中継を追い続けてきた僕の個人的主観にすぎませんが、今回は「プロ野球オール写真選手名鑑2019」の選手成績データも参考にしてみました。

毎年、様々な会社から発売されるプロ野球の選手名鑑ですが、上記で紹介した「プロ野球オール写真選手名鑑2019」は他の冊子とは一味も二味も違うのオススメです。

選手の隠れた魅力やチームへの貢献度、プチ情報を確認したい方はぜひ一読を。新たな推し選手が見つかるかも?

パワプロ能力で査定します

パワプロの能力査定

パワプロ本家同様に、各野手を「ミート」「パワー」「走力」「肩力」「守備力」の5分野においてSABCDEFGの8段階評価で能力査定していきます。

本来、巧打力を示す「ミート」は打率だけではなく出塁率も加味して、ボール球スイング率なども考慮するなど選球眼込みの能力査定にしていきます。

長打力を示す「パワー」は各選手の本塁打数やISO(長打率 – 打率で算出されるデータ)という打者の純粋な長打力を測る成績指標も参考にしていきます。

守備力」はUZRや失策数、守備率を参考にします。

選手の地力とも言える「走力」や「肩力」など、大きな変動が見られない分野は実況パワプロプロ野球2018年の能力評価を参考にしていきます。

※『プロ野球スピリッツ2019』の発売は「7月18日」に延期してしまいましたが、パワプロ20182019年シーズンのアップデートを無料で実施することが決定したようです。

2018年のドラフトで1位指名された大阪桐蔭出身の「根尾昂」「藤原恭大」やファイターズの次世代を担う「吉田輝星」らの能力査定がどうなるかも気になるところですね。

それでは、選手の(パワプロ風)能力を査定していきます。選手の年齢は2019年2月末日時点のものを記しています。

【2019年】ファイターズ捕手

清水優心

生年月日/1996年5月22日 (年齢 22歳)
86試合 打率.215 7本塁打 21打点

ミートパワー走力肩力守備力
FCEBD

2017年、2018年と着実に試合出場機会を積んできました。

盗塁阻止率は「.241」だったものの、二塁送球の平均タイムは「1.94秒」と悪くなく、本来は強肩も自慢です。

次世代のファイターズだけでなく、日本代表の捕手を担える選手になってほしいですね。

鶴岡慎也

生年月日/1981年4月11日 (年齢 37歳)
101試合 打率.243 2本塁打 22打点

ミートパワー走力肩力守備力
DEECC

2018年は福岡ソフトバンクホークスからFA移籍でファイターズに復帰して1年目のシーズンでしたが、攻守に活躍を見せてチームに貢献してくれました。

精神面でも捕手陣の柱になっており、2019年からはコーチ兼任にもなっています。

石川亮

生年月日/1995年7月20日 (年齢 23歳)
32試合 打率.220 0本塁打 3打点
二軍成績:34試合 打率.178 2本塁打 10打点 0盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
FEECD

【2019年】ファイターズ内野手

中田翔

生年月日/1989年4月22日 (年齢 29歳)
140試合 打率.265 25本 106打点

ミートパワー走力肩力守備力
EAEBC

チームがBクラスに沈んだ2017年は「打率.216 16本塁打 67打点」に終わり、本人としては不調なシーズンでした。

しかし、3位に返り咲いた2018年は中田翔選手自身も大きく調子を持ち直しました。さらに体重を増量した今年こそキャリアハイを期待したいところ。

また、打撃はもちろんですが一塁守備の安定感は今もなお健在です。彼が怪我せず昨年並かそれ以上の成績を残すことがチームを優勝に導く絶対条件だと言えるでしょう。

田中賢介

生年月日/1981年5月20日 (年齢 37歳)
67試合 打率.295 0本塁打 8打点

ミートパワー走力肩力守備力
CECDD

北海道移転後からファイターズの主力として活躍し続けてきましたが、今シーズン(2019年)限りの引退を宣言しました。

2017年、2018年と若い選手を積極起用するチーム方針から出場機会に恵まれてきませんでしたが、まだ巧打力や選球眼は健在と言っても良いです。

じょん
じょん
引退はまだ早いよ😭

 

田中賢介選手のラストシーズンがリーグ優勝、日本一で締めくくれますようにと祈ります。

中島卓也

生年月日/1991年1月11日 (年齢 28歳)
132試合 打率.261 1本塁打 23打点 29盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
DFBDA

2017年は怪我での離脱や打撃不調に苦しんだものの、2018年は途中離脱もありながら規定打席に到達し、復調のシーズンと言ってもよいでしょう。

守備での安定感も健在で、UZRという守備力を表す成績指標の中で、守備範囲の広さを表している「RngR」の数値が西武ライオンズの源田壮亮に次いで全体2位でした。

じょん
じょん
今年もホームランを見れるのか?

 

というところも2019年シーズンの楽しみと言えるでしょう。

渡邊諒

生年月日/1995年4月30日 (年齢 23歳)
60試合 打率.242 7本 17打点 1盗塁
二軍成績:56試合 打率.242 6本塁打 22打点 8盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
ECCCD

横尾俊建

生年月日/1993年5月27日 (年齢 25歳)
74試合 打率.207 9本塁打 24打点
二軍成績:23試合 打率.270 4本塁打 11打点 0盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
FBEDD
三塁手C

石井一成

生年月日/1994年5月6日 (年齢 24歳)
69試合 打率.189 1本塁打 4打点 3盗塁
二軍成績:27試合 打率.253 0本塁打 3打点 6盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
EECCC

(昨年はメンタル面に問題あり?)

清宮幸太郎

生年月日/1999年5月25日 (年齢 19歳)
53試合 打率.200 7本塁打 18打点
二軍成績:45試合 打率.244 17本塁打 42打点 0盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
FBDCE

松本剛

生年月日/1993年8月11日(年齢 26歳)
54試合 打率,222 1本塁打 9打点
二軍成績:30試合 打率.326 4本塁打 16打点 6盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
DECCC

谷内亮太

生年月日/1991年2月3日(年齢 28歳)
36試合 打率.222 0本塁打 7打点
二軍成績:63試合 打率.332 5本塁打 33打点 4盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
EEDCC

平沼翔太

生年月日/1997年8月16日 (年齢 21歳)
7試合 打率.333 0本塁打 0打点
二軍成績:99試合 打率.267 3本塁打 43打点 16盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
FECBD

杉谷拳士

生年月日/1991年2月4日 (年齢 28歳)
70試合 打率.231 3本塁打 9打点 4盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
EDCCD

【2019年】ファイターズ外野手

西川遥輝

生年月日/1992年4月16日 (年齢 26歳)
140試合 打率.278 10本塁打 48打点 44盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
CCSEB

大田泰示

生年月日/1990年6月9日 (年齢 28歳)
104試合 打率.274 14本塁打 59打点 3盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
DBBBB
三塁手?

近藤健介

生年月日/1993年8月9日 (年齢 25歳)
129試合 打率.323 9本 69打点 5盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
ADDCC
2014三C
【ファイターズ】4割打者『近藤健介』という高打率高出塁率マンに注目してほしい。じょん(@fffff3434)です。 今回は、ファイターズだけではなく、パリーグ、もしくは日本球界トップクラスの高打率と高出塁率を...

淺間大基

生年月日/1996年6月21日 (年齢 22歳)
31試合 打率.239 3本 7打点 1盗塁
二軍成績:50試合 打率.296 8本塁打 28打点 9盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
EDCBD
三塁手?

今年こそ飛躍を目指す天才肌のスラッガー「淺間大基」選手ですが、今年は出場機会を増やすために「サード」の守備練習を始めました。

現状、ファイターズのセンターは「西川遥輝」が内定で、右翼手左翼手のポジションを「近藤健介」「大田泰示」「王柏融」「清宮幸太郎」の4選手で争う形になっています。

そのため、外野手はファイターズの中でも最も競争が激しいポジションになっており、スタメン獲得への近道こそ、レアード不在の「サード」を守れるようになることでしょう。

【2019年確定】北海道日本ハムファイターズの開幕一軍/スタメン/先発ローテ/中継ぎ抑え一覧じょん(@fffff3434)です。 今回は、野球ファン歴15年目の僕が『2019年北海道日本ハムファイターズ』の開幕一軍、スタメ...

谷口雄也

生年月日/1992年6月1日 (年齢 26歳)
6試合 打率.000 0本塁打 0打点
二軍成績:67試合 打率.298 3本塁打 18打点 3盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
EECCD

チームの主力「西川遥輝」選手と同世代で、2016年は代打・代走での起用も多かったものの、自己最多の83試合に出場してチームの日本一に貢献する活躍を見せてくれました。

ところが、2017年半ばに「右膝前十字靭帯損傷」と診断され、靭帯再建手術に踏み切り、長いリハビリ期間に突入。2018年に復帰し、二軍では3割近い打率を残しました。

起用し続ければ、でも2割5分以上を期待できるような打撃センスと、逆方向にも長打を打てるパンチ力が谷口雄也選手の魅力です。今年の完全復帰に期待しましょう。

王柏融

生年月日/1993年9月9日(年齢 26歳)
2018年台湾成績:118試合 打率.351 17本塁打 84打点 9盗塁
キャリアハイ:115試合 打率.407 31本塁打 101打点 16盗塁

ミートパワー走力肩力守備力
BCCDE