ライフハック

【寝なくて良い?】昼寝の効果を上げるために『コーヒーナップ』を習慣化しよう -メンタリストDaiGo-

じょん(@fffff3434)です。

今回は、フルタイム勤務で日々消耗している勤め人と授業がダルすぎる学生にこそ教えたい効果的な昼寝について考えてみました。

作業や勉強の合間や、昼休憩時に効果的な昼寝ができれば、午後からの生産性集中力を向上させることができます。爆上げです。昼を制しましょう。

時間がない人には『6分間の昼寝

仕事や勉強が忙しくあまり時間がなかったとしても、たった10分以下でも良いので目を閉じて休む時間を取ることをオススメします。

じょん
じょん
10分以下じゃ休んだ気になれないよ

 

と思われがちですが、たとえ実際に寝れなくても6分間程度でも良いので、目を閉じて、ただひたすらにぼっーと休む時間を取ってみてください。

作業の合間に休息時間を取れば、それまでに勉強した記憶の保持量を向上させることができます。人間は寝てる間(思考停止中)に脳が情報を整理して記憶するからです。

作業の集中力が切れたり、仕事が煮詰まっている時にも有効です。こんがらがった頭の中を休ませることによって、気持ちをリフレッシュさせることができるはず。

時間が無い場合

6分間だけ瞳を閉じて、ぼーっとするだけでもOK!

少し時間があれば『15分間の昼寝

本当は20分前後の昼寝を取れればベストなのですが、日々仕事に追われ続けている忙しすぎるサラリーマンやOLには難しいかもしれません。

仕事場ではぐうぐう寝れねえよ」「突っ伏して寝ると腕が痛くなるんだよ」「そもそも座ったままでは寝れねえよ」という声も聞こえてきますね(笑)

でも最近の研究によると、昼寝って実はそんなにしなくていいと分かりました。もっと言うならば『昼寝は寝なくても良い』ということです。

じょん
じょん
どういうこっちゃねん

 

なぜなら、昼寝の目的は『脳を休めること』だからです。

たとえ眠っていなくても、思考を停止してぼんやりとしているだけでも脳を休めることができます。座った状態で目を閉じるだけでもOKです。

脳を休ませた結果、前出の「6分間の昼寝」の項目でも述べたように記憶力が向上したり、気持ちをリフレッシュできるので、疲れやストレスにも強くなります。

少し時間がある場合

15分間だけ目を閉じてぼーっとする、うたた寝するだけでもOK!

午後も頑張りたい人は『コーヒナップ

人間の脳は、午前中だけで結構疲弊します。

最後に、午後からも頑張りたい方や20分以上休憩時間を取れてしっかりリフレッシュしたい大人たちにこそオススメしたいのが「コーヒーナップ☕」というテクニックです。

コーヒーナップ

コーヒーを一気に飲んでカフェインを摂取した直後に20分程度昼寝する。
(ぼんやりするだけでも良い)

ただこれだけの方法を取るだけでOKです(笑)

ただ昼寝するよりも非常に効果的で目が覚めてからすぐに行動できるようになります。寝起きでロケットスタートを切れるため、生産性が向上し、仕事や勉強が捗るはず。

前提知識として、人間は「アデノシン」という疲れをもたらす物質が脳に溜まると、疲労感を感じて、自分の体を休めようという動きが働きます。そして眠気をもたらします。

この疲労物質「アデノシン」は、昼寝をすることで除去することができます。昼寝する直前に「カフェイン」を体内に入れることで、疲労物質「アデノシン」が除去された後に「カフェイン」が効き始めるので覚醒度が向上し、その後も脳が疲れづらくなります。

コーヒナップを実行する際に注意する点が2つあります。

  • コーヒーをちびちび飲まず一気に量を飲んでカフェインを入れる
    ※緑茶やカフェイン配合のサプリでも良い
  • 飲んだ直後にすぐ寝る(目を閉じる)こと
  • 20分以上寝ると深い眠りに入ってしまうため、20分以内に起きる

一気にカフェインを摂取することで、興奮物質を脳に行き渡らせることができます。少しずつ飲んだ後に寝てしまうと効果は薄れてしまいます。

また、カフェインは摂ってから約20分経った後に効いてくるので、その20分間に休むことができなければ脳に興奮物質が行き届いてしまい、満足な休息を得ることができません。

飲んだ後に作業を続けたり、誰かとお喋りタイムに入ってしまわないように気をつけましょう。誰にも邪魔されないように「私はこれから瞑想するのだ」と言いましょう(笑)

午後も頑張りたい人には

昼休みにコーヒーナップを実行せよ!!

オススメできるカフェインサプリ

よっしゃ!コーヒーナップを実行して昼からもエネルギッシュに頑張るやで🔥」と意気込み始める皆さんに注意してほしいことがあります。

そのコーヒーにたくさんの砂糖を入れたり、コーヒーではなく栄養ドリンクやエナジードリンクに毎日頼るようになってしまっては元も子も無いです。体に良くありません。

そうならないようにオススメしたいのが「カフェイン配合のサプリ」を飲むことです。ちなみに、僕が飲んでいるカフェインサプリは『キューピーコーワゴールドαプラス』です。

このキューピーコーワゴールドαプラスは、疲れに効く「4種の滋養強壮生薬」「5種のビタミン」が配合されており、朝でも夜でも1日1回(1錠)の服用で効くようにできています。

レッドブルやMONSTERと同じカフェイン量が入ってますが、1日1粒飲めば良いことを踏まえれば、それらのエナジードリンクを購入するよりも安いです(1日で割ると約20円

※特にエナジードリンクは糖質が多く含まれているものもあるので体に著しく良いとは言えず、中毒性もあるので毎日飲むことはあまりオススメしません。

効果的な昼寝を実行するために

●効果的な昼寝を実現するためには……

  • 昼寝はそもそも寝なくても良い
  • 作業の合間など時間がない場合は6分間の昼寝
  • 昼休みに時間がある場合は15分間の昼寝
  • 午後からも超エネルギッシュに頑張りたい場合はコーヒーナップ!

様々な昼寝を使いこなすことで、疲れが上手に取れてストレスにも強くなり、午後からの生産性も高められる一ランク上の人間になれちゃいます。

じょん
じょん
みなさんもレッツ昼寝!

 

もっと詳しく知りたい方はには、メンタリストDaiGoさんの動画がオススメです。